東京で目尻切開をした結果について

目が小さいことが悩みでした

目が小さいことが悩みでした | 麻酔の針はかなり細いもので痛みもほとんどなかった | 目尻切開をして本当に良かった

目が小さいことが悩みでしたが、幅が狭いのでアイプチではどうすることもできずメイクでもあまり誤魔化すことができないことがコンプレックスでした。
周りからは小さな目がチャームポイントで可愛いと言ってもらえることもありましたが、バカにされたり下に見られている気がして年齢を重ねるごとに自分に自信がなくなっていってしまい悩んでいたときに、美容整形もありなんじゃないかなと急に頭に浮かんだのが目尻切開をすることになったきっかけです。
最初はカウンセリングだけ受けて話を聞いて考えようと思っていた態度でしたが、実際にカウンセリングを受けてみると目を大きく見せるための方法は沢山あるんだなと知り、思ったよりもリスクが低い方法も多かったのでさらに美容整形に興味を持つようになりました。
医師による丁寧であり分かりやすい説明もあったし、数ある施術方法の中でも私が気になったのが目尻切開です。
目頭切開よりもリスクが低いという点や、ダウンタイムもそれほど長くなさそうという点だったり、実際に施術を受けた人のビフォーアフターを見て、これにしようとその場で決心できたのでよかったです。
その日は施術を受ける日の予約をして帰宅しましたが、施術当日までは楽しみな気持ちと不安な気持ちがあり、なかなか落ち着いて過ごせない日々が続きました。
施術当日もカウンセリングの時と同様に丁寧に対応してもらえたし、医師による最終的な説明や規模する目元の雰囲気の打ち合わせもしてもらえたので安心感があってよかったです。